◆「産業列車が運ぶ色彩の欠片(Piece Of CTW's Industry)」...

「C.T.W.(Colour-Trash World)内の

大抵の街に少なくとも

必ず1つは存在している

色彩処理工場、

そこで抽出された色彩の欠片を

隣町にある色彩加工工場へ運搬する

専用列車の運行が

優先される路線は少なくないが、

この路線もその一つだ。

 

これから

抽出されたばかりの

色彩を運ぶ列車が

抽出した色のカタログと

請求書を載せた

煙を吐きながら

隣町の加工工場へと向かう所だ。

車内からは「発車まで暫くお待ち下さい」と

告げる車掌の声が聞こえて来る。

 

色彩を抽出することが出来るのは

形のあるものだけではない。

運ばれている色彩群の中には

記憶の奥から抽出した色も

含まれている。

 

甘い恋の記憶の色に

悲しい愛の記憶の色-

 

今回は滅多にお目に掛かる事の

出来ない類の色も含まれているから

きっと高値で買い取ってくれるぞ、と

工場長は得意気に語っていた。」

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

完成後A4(210×297)サイズ程に切り取った水彩紙に

水彩絵の具、水彩色鉛筆で描いたもの。

 

元々は「手前の壁の前には列車が走り

奥の壁の向こうには巨大魚が覗いている」

...と言うレイアウトを考えていたのですけど、

その中に「専用鉄道」を描いてみたくなり、

さらにはかねてから描きたいと思っていた

「C.T.W.(Colour-Trash World」の

「産業風景」的な要素も加えました。

尚、「産業列車」を牽引する蒸気機関車は

何度か描いている「0号機」や「12号機」等の

一連の機関車とは同型機ですが、

「C.T.R.(Colour-Trash)」所属ではなく

「色彩処理工場」の所有となっております。

 

ちなみに、「色彩を抽出~」云々に関しては、

対象(画像や物、記憶等)から

Illustrationの「スポイト」機能のように

色を取り出して(コピーして)それを

カラーチップ(のようなもの)に

している...と思って頂ければ

判り易い(?)かも知れません。

 

絵の制作・お仕事のご依頼等は

こちらもしくは

当方のメールアドレス

forcolourtrash@gmail.com

よりお願い致します。

 

 

・blog

・instagram

・note

・facebook

・twitter

・pixiv

・mixi