◆「晩い雪の中に残された時間(Snowy Countdown)」...

「ラジオの天気予報では今年は
いつもの年より雪が
長く降り続くらしい。
スイッチを回せば
遥か遠くの異国の地より聞こえてくる
春の便り。倖せの報せ。
夜は明ける前が一番暗いと言う様に
春になる前の今が一番寒いと感じるけれど、
待ち続けていればいつかは
ここにも春はやって来るのかな。
元の姿が判らなくなる程降り積もった雪が
融けるのを目にする事は出来るのかな。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

A4(210×297)サイズ程に(完成後)切り取った水彩紙に水彩絵の具・水彩色鉛筆で描いたもの。
これまで、夜を描いた絵は一度全体に藍(と黒等を混ぜたもの)を塗ってから建物等のモチーフ類を描く
...と言う事をしておりましたが、
今回は一度水彩色鉛筆で各モチーフ類を着色してから(モチーフ類が潰れない程度に)藍色を塗って
乾かない内にもう一度そのモチーフ類本来の色を塗り重ねていきました。

 

 

◆「下り坂での邂逅(Something @ the Downhill)」...

「上手く行かない出来事や
冴えない日々が
続く時であった
としても何かしらの
新しい出会いはあるものさ。
そんな出会いの瞬間を
恐れてはいけないのさ。」

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

A4(210×297)程(に完成後切り取った)水彩紙に水彩絵の具・水彩色鉛筆で描いたもの。
3月4日に開催された「横浜馬車道【エキナカ】フリマ」にて初めて展示致しました。
※尚、掲載作品はモチーフの一部の色を修正しております。

 

 

◆「Chocolate Planet 2017」... ※販売済

「Art De Fukko 愛と宇宙」展展示の為に描いたもののもう1枚で、水彩絵の具・水彩色鉛筆にイラストボードで描いたもの。
「愛と宇宙」と言うテーマで何を描こうか考えていた時にふと「(開催時期が)バレンタインに近い」事を思い出したのですが、その際に「アーモンドチョコの惑星」や「クランチチョコの地表」を始め、さらにチョコレートで出来た建物や所謂「チョコ電」、「(チョコレート色の)月面探査車」等で構成された世界が思い浮かびました。
ちなみに、(全面がチョコレートで構成されているような)バレンタインイラストはこの絵が3枚目となります。

 

 

◆「路地裏でオーロラを見た日(Aurora Street)」... ※売約済

八ツ切サイズ(380×270)の画用紙に色鉛筆・パステルで描いたもので、「Art De Fukko 愛と宇宙」展展示の為に描いたもの。
「Art De Fukko 愛と宇宙」展、「Gallery Uluru」の展示では2点を出展する事を考えていたのですけど、その内の一枚は「オーロラを描きたかった」と言うのがありました。
丁度借りていたパステルシャインアートの本に「オーロラ」の描き方が載っておりましたので、その「描き方」を真似はしたのですが、結果的にやや違ったものにはなりました。(汗)
下部の街並みや列車は色鉛筆を使用しておりますが、(色鉛筆の箇所を)全て描き終えた後にパステルでオーロラや上空を描いております。

 

 

◆「根っこの街道は今日も平和(Today Was A Good Day)」...

A3(297×420)のイラストボードに水彩絵の具・水彩色鉛筆で描いたもので、1月の10日(火)より横浜の「ギッフェリCafe」にて開催されていた「「Art De Fukko 愛と宇宙」展@ギッフェリCafe」の為に描いたもの。
...実は、展示のテーマが決定する前に既に下書きが完成してしまっていた状態で、(「愛と宇宙」と言うテーマを知った)その後に「UFOのプランター」やアンティークショップ横の中古ロケット、右の建物の宇宙の落書き...と言ったモチーフを描き加えた、と言う経緯があります。(汗)

 

 

絵の制作・お仕事のご依頼等は

こちらもしくは

当方のメールアドレス

forcolourtrash@gmail.com

よりお願い致します。

 

 

・blog

・pixiv

・mixi

・twitter

・facebook